No.6

Cinefex日本語版 No.6(2007年9月発売)

Vol6スパイダーマン 3(Spider-Man 3)

内なる敵(The Enemy Within)

サム・ライミ(Sam Raimi)が、彼の専売特許であるマーベルコミックスのスーパーヒーローを基にした衝撃作 スパイダーマン3 に再び監督として戻ってきました。本作では、ウィルスに晒されあらわとなる、主人公 ピーター・パーカー(Peter Parker)の内なる暗黒面を描いています。ビジュアルエフェクトスーパーバイザー スコット・ストクダイク(Scott Stokdyk)は、特殊効果における大半の作業を ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(Sony Pictures Imageworks)と共に行いました。この作業には多数のエフェクト制作会社が参加し、作業を手助けしました。また、黒いスーツのスパイダーマンや、ベノム達悪党3人組、サンドマンや新たなるゴブリンとなったハリー・オズボーン達の繰り広げるアクションシーンは最も大変な作業であり、乗り越えなくてはならない壁でした。スペシャルエフェクトは、ジョン・フレイザー(John Frazier)によって作成されました。

文=ジョディ・ダンカン(Jody Duncan)
訳=太田奈緒美

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド(Pirates of the Caribbean: At World's End)

大渦巻きの中へ(Into the Maelstrom)

テーマパークのアトラクションを基にした一級の映画作品である前2作品は、大きな海賊人気の波を作りだしました。この大きな波に乗って、プロデューサー ジェリー・ブラッカイマー(Jerry Bruckheimer)と監督ゴア・ヴァービンスキー(Gore Verbinski)は、この3部作目となるパイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンドにて、最高の結末をお届けします。前作のビジュアルスーパーバイザー チャールズ・ギブソン(Charles Gibson)と常に業界をリードしているスタジオであるインダストリアル・ライト・アンド・マジック社(Industrial Light & Magic社)が多くのベンダーと共に全力を尽くして制作に当たりました。その際、海賊船は勿論、海に関するあらゆる知識をより洗練することが、大規模な海戦や、幽霊のエフェクト、ファンタスティックな世界を作成する際に有効となりました。また、その知識は本作が前2作を凌ぐ上でも一役買っています。更に、カーナー・オプティカル社(Kerner Optical)によるミニチュア模型とジョン・フレイザー(John Frazier)による特殊効果は劇中にスリルを与えるのに役立っています。

文=ジョー・フォーダム(Joe Fordham)
訳=秋田克彦

トゥモロー・ワールド(Children of Men)

人類の計画(The Human Project)

監督のアルフォンソ・キュアロン(Alfonso Cuaron)は、彼の代表作である「トゥモロー・ワールド」において、そう遠くない未来に暗黒卿となった英国の住人達を描くために、ダブル・ネガティブ社(Double Negative)とフレームストアCFC社(Framestore CFC)による繊細なビジュアルエフェクトを頼りにしました。ダブル・ネガティブ社は、荒廃した世界の作成と、多数の複雑に演出されたショットのデジタルエフェクトを作成しました。それらのショットは、各々の尺が数分ある連続したショットでもありました。更に、フレームストアCFC社は、劇中で重要となる出産シーンのために新生児をデジタル技術で作成しました。また、ポール・コーボルド(Paul Corbould)による物理的なエフェクトや、ニック・ダッドマン(Nick Dudman)によるメイクアップエフェクトは劇中でザラッとした砂の様な現実感を与えています。

文=ジョー・フォーダム(Joe Fordham)
訳=太田奈緒美

 

アマゾンでのご購入
amazon01

 

 

<広告出稿による雑誌協賛企業>

株式会社アップフィールズ
アビッド テクノロジー株式会社
株式会社エヌ・デザイン
株式会社エルザ ジャパン
オートデスク株式会社
OXYBOT株式会社
株式会社クオリス
株式会社クレッセント
株式会社白組
株式会社スペイシィプロダクツ
ツールファーム株式会社
株式会社ティー・エム・エス
日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社ルーデンス