No.30

Cinefex日本語版 No.30

Cinefex No.30(2013年9月発売)
Vol30

アイアンマン3(Iron Man 3)

 

ジョン・ファヴローが監督を努めたアイアンマンの前作2作が大ヒットを飛ばし、その後を引き継いだシェーン・ブラックは巧みに手綱を操り、マーベルスタジオズ人気シリーズの3作目を生み出した。今作では、実業家トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)としてマンダリン(ベン・キングズレー)と対峙する。VFXスーパーバイザーErik NashとChristopher Townsendは、Weta Digital、Digital Domain、Scanline VFX、Luma Pictures、Framestore、4DMax、Trixter Film、The Base Studio、capital T、Cantina Creativeの最新技術を駆使している。

 

 

 

スター・トレック イントゥ・ダークネス(Star Trek Into Darkness)

 
 プロデューサーでもあり監督もこなすJ・J・エイブラムスが前作と同じキャストで制作し、宇宙船エンタープライズ号で宇宙へと旅立つ任務を負ったクルーを描く。長年愛されているジーン・ロッデンベリーのテレビシリーズをリプライズし、今作ではキャプテンカーク(クリス・パイン)が宇宙空間で、謎の敵(ベネディクト・カンバーバッチ)の追跡を繰り広げる。VFXスーパーバイザーRoger Guyett、VFXプロデューサーRon Ames、SFXスーパーバイザーBurt Daltonが、特殊メイクスーパーバイザーDavid Leroy Anderson、Industrial Light & Magic、Pixomondo、Atomic Fictionの協力のもと、スクリーン上に23世紀のテクノロジーと未知の世界をもたらした。

 

 

オブリビオン(Oblivion)

 

トム・クルーズ演じる軍法会議にかけられた兵士ジャック・ハーパーが、エイリアンの種族撲滅のために遠方の惑星へと送られるSFアドベンチャー。ジョセフ・コシンスキー監督、VFXスーパーバイザーはEric BarbaとBjorn Mayer。Digital Domainが指揮をとり、The Third Floor、Pixomondo、Legion Entertainment、SFXスーパーバイザーMike Meinardusの協力のもと、エイリアンの世界を作り上げた。

 

 アマゾンでのご購入
amazon.co.jp

 

 

ヨドバシカメラでのご購入
yodobashi_banner