No.36

Cinefex日本語版 No.36

Cinefex No.36(2015年3月発売)

Vol31『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 Guardians of the Galaxy

 

マーベル・コミックスの宇宙の悪党たちが冒険家のピーター・クイル(クリス・プラット)と力を合わせて銀河系を脅かす悪党ロナン(リー・ペイス)に戦いを挑む姿を監督のジェームズ・ガンが映画化。ヴィン・ディーゼルとブラッドリー・クーパーがそれぞれ木のようなグルートと武装したアライグマのロケットというはみ出し者のガーディアンたちをセットで演じ、後でフルCGのキャラクターに置き換えられた。キャラクターたちと銀河系内の冒険はフレームストア社、MPC、ルマ・ピクチャーズ社のVFXアーティストたちによって描かれ、俳優たちの変容はスペシャル・メイクアップ・デザイナーのデヴィッド・ホワイトと彼のチームが担当した。

 

 

『インターステラー』 Interstellar

クリストファー・ノーランが監督し、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステインが出演する宇宙空間の旅を描いたアドベンチャー物語。ノーランと弟のジョナサンの共同脚本による本作品では、ダブル・ネガティブ社の作り上げた見事なVFX映像を部分的に使い発見の旅を描いているが、ダークナイト三部作やその他の作品の時と同様にノーランはアクションをできる限り実写で撮影することにこだわった。セットでの特殊効果の指揮はスコット・フィッシャーが執り、その他の実写エフェクトはニュー・ディール・スタジオが担当している。

 

 

『マレフィセント』 Maleficent

 

1959年に公開されたウォルト・ディズニーのアニメーション映画『眠れる森の美女』の悪役がこの実写ファンタジーで蘇り、いかにして魔女のマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が‘すべての悪の女王’として知られるようになったかの物語と、彼女がオーロラ姫を服従させるために黒魔術を使ったことが描かれる。元VFXアーティストでプロダクション・デザイナーのロバート・ストロンバーグがSFXスーパーバイザーのマイケル・ドーソン、人工装具メイクアップ・デザイナーのデヴィッド・ホワイト、シニアVFXスーパーバイザーのキャリー・ヴィリェガス、そしてMPC、デジタル・ドメイン、ザ・サード・フロアー社、4Dマックス社、プライム・フォーカス・ワールド社のアーティストたちの協力を得て、この作品で長編映画監督デビューを飾った。 

 

 アマゾンでのご購入
amazon.co.jp