No.47

Cinefex 日本語版 No.47

Cinefex No.47(2017年12月発売)

47『スパイダーマン:ホームカミング』(Spider-Man: Homecoming)

マーベル・スタジオの『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場する若きスパイダーマン(トム・ホランド)がソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオによる新しい映画の冒頭で紹介される。ジョン・ワッツが監督する『スパイダーマン:ホームカミング』では、ティーンエージャーのピーター・パーカーが街を犯罪から守り、日々苦悩しながら高校生活を送っている。ダニエル・サディックがオンセットの特殊効果をスーパーバイズし、デジタル・ドメイン、ルマ、メソッド・スタジオズ、ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス、そしてイローラがダイナミックなマーベル・コミック・ユニバース風のVFXを提供した。


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales)

復讐心に燃えるアルマンド・サラザール(ハビエル・バルデム)を倒すためにキャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)たちは「ポセイドンの鉾」を見つける航海に出る。ヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドリムの両監督は、MPC、アトミック・フィクション、ロデオFX、ローラVFX、ミスターX、そしてコーサVFXのアーティストたちを指揮するVFXスーパーバイザーのゲイリー・ブロジニックと共にかじを取った。リック・フィンドレイター、ピーター・ソーズ・キング、そしてオッド・スタジオ社のアダム・ヨハンセンたちは幽霊のメイクアップ・エフェクトのために招集され、ダン・オリバーが特殊効果を監修した。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作。


『猿の惑星:聖戦記』(War for the Planet of the Apes)

20世紀フォックスが送るSF作品。虐げられた人間たちを率いる冷酷非道な大佐(ウッディ・ハレルソン)との戦争に直面した遺伝子組換えされた類人猿たちのリーダーであるシーザー(アンディ・サーキス)の物語の続編をマット・リーヴスが再び監督を務める。シニアVFXスーパーバイザーのジョー・レッテリとVFXスーパーバイザーのダン・レモンがウェタ・デジタルでのアニメーションとエフェクトの監修を再び担い、SFXスーパーバイザーのジョエル・ホイストがバンクーバーやカナディアンロッキーのロケでのアクションをアシストし、ステレオD社が3D立体視変換を行った。

 


 


 アマゾンでのご購入
amazon.co.jp